忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「私もあんな人になりたい」

 娘がそう言ったとき、昔の私なら、

「あんたがなれるわけないじゃないの。
 勉強はできん、行いも悪いもん」

 即座にそう言っていたかもしれません。


 しかし、そういう勇気くじきは絶対にいけない。


「あんたならなれるかもしれん。
 頑張ってあの人がやったように
 努力して目指してみようか」

 なりたいものになる努力は
 難しくても挑戦していけます。


 そこで背中を押してあげることが親の務めです。


「うちの子はダメよ、
 何をやっても三日坊主で。
 あんたんとこは賢くていいわね」

 さり気なく言っているその言葉が子どもを傷つけ、
 子どもの未来を閉じています。

 日本語は言霊が強いのです。
 ダメと言われた言葉がその子の心の中に入って、
 本当にダメになっていきます。


「大丈夫、あんたならできる」


 と言って勇気づけてあげる。
 親が子どもにいい言葉を投げかければ、
 その子はやがて自分自身に
 いい言葉をかけることができるようになるのです。



『浅利妙峰の母になるとき読む本』

拍手[3回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< ちょっとハードスケジュールかな HOME むかしむかし >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]