忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の NHK スペシャル



約50年前に作られた公共構造物の寿命が近づいている。

あのトンネル崩落事故以来、トンネルや橋などの調査が見直し
されているが
予算が獲得できないため、また 積算が低いため修復工事が
進まないでいるという。





地域性もあると思うが ライフラインに不可欠な道路等の修復が
これからの大きな課題であるという。

以前、韓国の観光地に行ったときに 通路の片側が崖なのに
フェンスやガードレールもないところがあった。

ガイドに 『ここはあぶないね。柵とかしないのかな?』

とたずねると

韓国では、落ちた人が悪い。という考え方らしい。

日本は、何かあると
そこにフェンスが無かった!!
安全対策がしてなかった!! と行政の責任となることがある。

もともと日本も韓国のような考え方であったのであろうが、

高度成長に伴い だんだん変わってきたのだろうか?

『コンクリートから人へ』のおかげで建設業界がしぼみ
そこに働く職人の伝承が止まり、職人不足・技術者不足に
なってしまってる。

災害時の応急処置をするのは、建設業である。

暑い日も寒い日も 人の生活に必要なものを作る。

橋・道路・トンネル・・・。

なくてはならない 業種である。




拍手[3回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 夏のゴルフ HOME 日曜日の配達 >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]