忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国土交通省 国土技術政策総合研究所がまとめた
下水道施設の被害状況調査結果によると

0522bd44.jpg







透水性の高い砕石で埋め戻すと対策をしていた宮城県北部は
今回の地震では液状化しなかったそうである。
地下水位よりも高い位置まで砕石を充鎮していたそうである。

どの程度の透水係数なのかわからないがクラッシャーラン程度
だろうと思います。

540530c8.jpg







(以下転載)
日の出区6 丁目集会所付近に建つ住宅のうち、周囲は液状化による変状が確認されたにもかかわらず、外観からは変状などの被害が確認されなかった住宅があった(写真上)。
その住宅は、1m程度盛土され周囲を擁壁で囲まれていた。盛土の押さえ効果により、この住宅の敷地内については液状化が発生しなかった可能性がある。
手前の更地には、液状化の痕が散見された。(以上転載)

高野豆腐のような地盤の上に頑丈な固形物を乗せた状態だろうか?。

詳しいことは分からないが平野部の軟弱地盤地帯には、今後
施工方法や材料選定に影響があると思います。

拍手[0回]

PR

<< 早朝ゴルフ HOME M・M研究会と博多祇園山笠 >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]