忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、ある協会の支部会が雲仙であり 参加しました。

2011020608280000.jpg2011020609270000.jpg







途中、千々石から雲仙に登る道路(雲仙千々石線)の
道路改良工事が数カ所されてました。

まさに工事ラッシュ。急ピッチでで進められ早期完成予定なのでしょう。
急なS字カーブが続く狭い道路なので完成すると交通量は更に増える道。

私も昭和57年から測量会社(扇 精光)にお世話になっておりました。

初期調査は、現地測量。路線計画のために
まず
トラバース測量(当初はトランシットに光波測距儀を乗せていた)
平面測量(平板、アリダードを使用 平面図を作成)
水準測量、それから設計により路線決定。

中心線測量(BC、ECからの偏角計算によりナンバー杭打設や
        IPからの偏角計算等現地に合わせて現地で手計算していた)
縦横断測量(右に左にポール持ちが大変、これで足腰が鍛えられたと思う)
後に設計が入り 丈量図、

今では機械や技術が進み、平板のアリダードなんか見たことも無いという。
すべて座標管理され3次元対応や衛星を利用しているようだ。

今では私も浦島太郎状態。であるが あの頃の手計算時の係数
1718.873とか0.0174533とか今でも頭に残ってる。不思議である。

思い出の測量現場は、国土地理院発注の基準三角点測量で
奄美諸島の徳之島へ行ったこと。ハブがいる島。

扇 精光 様には、たいへんお世話になりました。

拍手[0回]

PR

<< 韓国ショップ HOME 長崎県立陸上総合競技場 >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]