忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、竹焼酎をいただいた。
初めて見た。

孟宗竹の節間 に 焼酎が入っているらしい。
黒霧島の20度が竹の中に。

DSC_0225.JPG









揺らすと確かに液体が動いてる感覚が伝わる。
でも、切り口や穴を開けた形跡が無い。


DSC_0224.JPG









この竹の秘密を見つけるため、眺めながら飲んで
飲んでください。 という。
じーっと 探すが 何も見つからない。
どうやって 入れたのか?

DSC_0226.JPG







節を棒で叩いて 割ってみた。
軽く割れ、中身は 確かに焼酎である。
 そのまま グラスに注ぎ 初物を味わう。

ほのかな竹の香りのする20度焼酎はロックが一番。
スーッと 喉ごしも良く 旨い。

いったい どこから 入れたんだ?

と眺めながら飲んでたが そのうち どうでもよくなって
寝てしまった。



拍手[3回]

PR

<< グルメ 麺類いろいろ HOME 近況もろもろ >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]