忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆今週の至言                                                  
                                      
「『こうすればいい』と部下に教えてしまうと、                
 言われたことしかやらず、自分で考えなくなる。               
 だから教える代わりに質問攻めにする」                   
  ――酒巻久 キヤノン電子社長                      
                                      
 効率を重視すれば、何から何まで指示したほうが早いように思える。しかし、その
ときは効率が上がっても、部下が育たないので、上司はいつまでも楽にならない。


人として常に何が善かを問い、
 親しい仲を問い、
 礼儀を尽すことを問い、
 政治の要を問い、
 患難(かんなん)を問う。
 (左伝・襄公)

 これ実に人間味豊かな五善である。
 
  『安岡正篤一日一言』より


つらいと思うのは
 つかれているからだ
 
 つらいことを
 つらいと思わず
 乗り越えてゆく
 力をつけよう
 
  『坂村真民一日一言』より

◆今週の至言                                                  
                                      
「うまくいかない会社に足らないのは意識だ。                 
 『儲けよう』『一生懸命働こう』『いいモノを作ろう』            
 『もっと会社を大きくしよう』という意識が足りない。            
 それをしっかり植え付ければ、                       
 誰も辞めさせずに会社を再生できる」                    
  ――永守重信 日本電産社長                       
                                      
 どうすれば儲かるのか。答えを自分たちで探し、実行し、成果が上がれば、社員の
目の輝きは変わってくる。                          


おとなを恥じさせるような純真さ、
 若々しい情熱と気魄(きはく)、
 不羈奔放(ふきほんぽう)な理想と
 寝食も忘れる勉強ぶりと偉大な人物に私淑し、
 万巻の書を読み、
 師友を求め、名山大川に遊び、
 酔生夢死(すいせいむし)にあきたらず、
 何か感激に死のうとするような
 やむにやまれぬ魂こそ
 青年の尊い精神である。
 
  『安岡正篤一日一言』より


手を合わすれば
 憎む心もとけてゆき
 離れた心も結ばれる
 
 まるいおむすび
 まるいもち

 両手合わせて作ったものは
 人の心をまるくする
 
 両手合わせて拝んでゆこう
 
  『坂村真民一日一言』より  
  

  

  
 

                                                   

拍手[0回]

PR

<< 話し合い HOME 総会 >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]