忍者ブログ

長崎県諌早の小さな石屋の寝言です。 イビキは聞こえません。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●尊敬する人が無くなった時、
 その人の進歩は止まる。

 尊敬する対象が、年と共に
 はっきりして来るようでなければ、
 真の大成は期し難い。

                『森信三一日一語』より

●【競争】

この世界には、いたるところに「競争」がある。
生きとし生くるものの宿命かもしれない。
人類のここまでの進歩は、競争のおかげだったのかもしれない。

しかし、だからといって、私たちは手放しで競争の意欲を育て、
子どもを競争で貫かせていいものだろうか。

競争を超克しながら、手をつなぎあうという方式で、
人間の幸福を築き得る新しい秩序が可能なはずである。

                    『東井義雄一日一言』より
●【考えるとは何か】

 真に考えるということは、
 その問題が常にその人の心の底にあって、
 忘れる時がないということでなければならぬのです。

                    『修身教授録一日一言』より
●【道を開く】

現実を受け入れ、
愚痴らず精いっぱい生きると、
そこに道が開けてくる。       (大阿闍梨・塩沼亮潤)


●【ねがい】

ただ一つの花を咲かせ
そして終わる

この一年草の一途さに触れて
生きよう

                『坂村真民一日一言』より

以上 転載でした。






拍手[0回]

PR

<< 鳥取県境港市 HOME 久しぶり!! >>
石屋 カウンター
フリーエリア


presented by 地球の名言
プロフィール
HN:
石の地蔵さん
年齢:
57
性別:
男性
誕生日:
1962/04/08
職業:
世間を見ること
趣味:
ソフトボール・ゴルフ・飲食
自己紹介:
飯盛生まれ。
飯盛西小・飯中・卒業
諌早農高 農業土木科卒
国土建設学院(東京)卒
扇 精光勤務(長崎大水害の頃) 
石屋となる。

Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]